How to

「友達以上、恋人未満」を脱出する12のヒント

気になる彼がいるんだけど、なかなか進展しない・・・。
そんなときに考えてみたい12のヒントです。

ただ、ここでご紹介するのはあくまでもほんの少しのヒント。
ご自分の立ち位置を今一度考えるきっかけになれば、と思います。

“いい女願望”も度を過ぎれば、恋のチャンスを逃がす原因に。

仕事はそつなくこなし、ファッション・センスも抜群な彼女。
週末には颯爽とスポーツをエンジョイします。

どこから見てもいい女なのに、なぜか、モテない・・・。

何が問題なのでしょう。
こういうタイプの女性は、見た目、確かに元気でカッコいいですよね。
でも、それがかえって相手に圧迫感を与えている可能性があります。

「こういう女の前じゃグチのひとつもこぼせない。グチなんかこぼしたら、ばかにされるんだろうな。」と思われていることだってあります。
完璧さが、相手を自分から遠ざけているという可能性も。

活動する女性のイメージ

自分の持ち味を無視して、借り物のいい女のイメージを追いかけたところで、相手も自分を窮屈なだけです。

優等生だけど、つまらない女ということになる危険性は大いにあります。

素直な表現も技のうち

特別美人じゃないのになぜか男にモテる、という女性いますよね。

そういう女性を観察すると、表情が実に豊かでチャーミングです。
男性が嬉しくなる反応を素直に表します。

逆にモテない女の人って、必ず、感情表現がヘタなんです。
プレゼントをもらったり、彼の言葉に嬉しいときでも素直に喜べず、つい気持ちと反対の態度を取ったりして。

プレゼントの写真

素直になれずにいると、相手はあなたの気持ちがわかりません。

「なんだ、オレは大して思われていないのか。」なんて勘違いして、あなたの前から去っていく危険性だってあります。

モテる女の条件は、与え上手に加えて喜び上手です。
ときには素直になりましょう。

プレゼントをもらって喜んでいる女性

初めから手の内は見せない

恋の醍醐味はお互いを知るプロセスにある。

いい人で、友達もいっぱいいるのに、なぜかモテないという女性。
そういう人にありがちなのが、見せすぎ、しゃべりすぎです。

初めから手の内をすべて見せてしまったのでは、興覚め。
相手も「この人をもっと知りたい」という気持ちには駆り立てられることはありません。

友達にはなれるかもしれませんが、結局はそこでストップ。
恋人に昇格するのは、望みが薄いでしょう。

恋愛の醍醐味、また、それを続けていくエネルギーはお互いの未知の部分をわかり合っていく、そのプロセスから生じるのです。

過去の恋愛体験を平気で喋ったり、相手の目の前で下着を干すなどは絶対にNG!

彼を男として見ていないかのようなオープンすぎる態度は、絶対に慎むべきです。

ハートを届ける水色のおもちゃの車

必要とあらば、怒る

自分の感情に忠実な女ほど、インパクトは強い

怒りたいときには、怒る。

怒るべき時に怒るということをするためには、自分への信頼が必要です。

モテる女ほど、自分の感情に忠実で、それだけに相手に与えるインパクトも強いのです。

怒る女性

相手の欠点を見直すことも

相手の長所より、欠点を見直すことで、恋が急展開する場合もある

自分と異なるタイプの相手とつき合うにはエネルギーがいるけど、その分、いろんな発見があって、刺激的。

恋愛って、相手と自分との落差から生まれるものなんではないでしょうか。

確かに、ラクで居心地のいい関係ばかり求めようとすると、お互いの新鮮味はいつしか失われていくもの。

友達づき合いやマンネリ化した恋にピリオドを打つには、彼の長所より、とかく目をそむけがちな欠点にあえてこだわってみるのも一つの方法です。

そうすると、意外な発見に出合い、彼が突然、遠い存在に見えたりする。でも、その距離を再び縮めようというエネルギーこそ、刺激的な恋愛を生む原動力となるのです。

女性の手を包む男性の手

ほかの男のことは、ほめない、けなさない、話題にしない

もし、立場が逆だったら、あなたはどう思うでしょうか。

いくら、相手がただの男友達でも、自分以外の女性のことをべたぼめされたら、あまりいい気持ちがしませんよね。

彼だって、自分よりもその男のほうに関心があるのだ、と思うと、あなたを女として意識する気がなくなります。

また、あなたがある男性をめちゃくちゃにけなしたとしたら・・・・・。

それだけ厳しい目で男性を見ているということは、彼自身もまた、いつかは同じようにけなされる可能性があるということです。
そう思うとなんとなくシラケてしまうのでは?

ハート形のキャンデー

彼があなたにとって、特別の存在なんだ、ということを意識させるためには、ほかの男の話題にはいっさい触れないこと。

友達から脱皮する第一歩です。

やっぱり見かけも大切

外見だけじゃ恋はできない。でもやっぱり、見かけも大切なのです

べつに、いつもキメキメファッションでいろとか、バッチリメイクをしろ、なんて言いません。

でも、服やしぐさに、女性らしさを残しておくことって大事です。

深夜、「近くまで来てるんだけど、出てこない?」と男友達からの電話。
そんなとき、スウェットにサンダルをひっかけて出かけていったとしたら・・・・・。

あなたは彼にとって、永久に友達のままです。

ハート形のコットン

完全に友達だと思っているんだったら、べつにスウェットでもかまいません。

でも、少しでも相手を男として意識してるんだったら、微妙に服装や言葉遣いに表れてくるはずです。
そして、それが相手にも伝わるのです。

相手を思いやる心は、必ず身だしなみとして表れます。
見かけだって、バカにはできないのです。

さりげない教養が彼の心を引きつける

長い間、友達としてつき合っていた人に、あるとき、ふっと意外な面を見せられてドキッとした -そんな経験はありませんか?

でも、意外性って、見せようとして見せられるものではないんです。

ある日突然、「ミステリアスな女」を演じようとしても、気味悪がられるだけです。

それよりももっと簡単な方法は、ふだんから自分の興味のある分野を徹底的に突っ込んでおくこと。

歌舞伎が面白い、と思ったら、実際に見に行く。本で調べてみる。
彼の好きなことに話を合わせてばかりいないで、自分の得意分野を持つのです。

キラキラした光

自分の知らないことを、意外に詳しく知っているあなたに、彼はハッとすることもあるはずです。
ただし、自慢げに話すのは、絶対にだめです。

ひからかすために知識を身につけるのではないのです。

彼のこと、もう一度「取材」してみる

「いつまでたっても、友達と恋人の一線が越えられない」というあなた。

ふだん彼とどんな会話を交わしていますか。

あたりさわりのないことを、いくら話しても、彼との間は平行線のままです。
もう一歩、突っ込んだ会話をしたいなら、相手のことを取材し直してみましょう。

「あいつのことなら、もうわかっているわ」なんて言わずに、どんな話題だと彼の舌がなめらかになるのか、気をつけてみて。

それから、徹底的にその話題を突っ込んでみる。

桜を見つめる女性

うまく話を広げて、彼の人生観や女性観まで聞き出せれば、もう昨日までの「友達同士」とは、ひと味違った関係になっているはずです。

あなたが、特別の関心を払っていることに気づけば、彼のあなたを見る目も変わるのです。

お手軽な扱いには”No!”と言おう

お手軽すぎる扱いや誘いには、キッパリ”No!”と言おう

人づき合いのいい人ほど、便利屋的扱いを受けてしまうおそれがあります。

男友達から、恋の相談。
「おまえには、なんでも話せるからな」と、恋の悩みを打ち明けられ、親身になって相談にのってあげるあなた。
あげくは恋の橋渡し役までかって出たり。

そんなあなたには、常に”いい人”という形容がつきまとうけれど、それをほめ言葉と思ったら大間違いです。

彼が平気であなたに、他の女性のことを話せるのは、あなた自身の女としての魅力を評価していないからなのです。

だから、そんなときには、「私の前で、他の女性の話をするなんて失礼だと思わない!?」と、キッパリ”No!”を言うべきです。

そして、グループ要員としてかり出されるような誘いにも、軽々しく乗るのは止めましょう。

バレンタインのためのラムネ

見た目とは逆の印象を誉めてみる

みんながいつも誉めているであろうことを誉めても、本人にとっては「耳にタコ」。
いつも言われていることは、心に響きません。

そこで、あえて逆の部分を褒めてみましょう。

ルックスがいい男性に、「かっこいい」と言っても、それはいつも言われていること。
「物事をきちんと考えていそう」「しっかりしている人だと思う」など、あまり表面にでていない部分を誉めることで印象に残ります。

人間には誰しも二面性があります。
ふだん表に出していない部分を誉めてもらえると、「この人は本当の自分を分かってくれるのではないか」という気持ちになります。

自分のことを良く理解してくれる人とは親しくなりたいと思うものです。

怒る女性

さりげなく、彼の体に手を触れる

軽いボデイタッチは、相手に親近感を抱かせる有効なテクニックの1つです。
あまり仲の良い友達だと、やってもムダかもしれませんが。

触って効果が期待できるのは、二の腕や、手首から上の前腕部です。

二の腕は警戒心を抱かせない部分と言われています。

ただ、あくまでも「さりげなく」です。
ベタベタするということではありませんので、注意してくださいね。