姿勢でイメージが変わります~姿勢美人になるために。

街を歩いていて目に入るショーウィンドーやショップの全身が映る鏡。
そんな全身が映る鏡や、ショーウィンドーの前に立ったときだけ、 突然、背筋をピーンとさせて良い姿勢を取ろうとすることありませんか?

美しい姿勢をつくること、誰でも一瞬はできるのです。
でも、それが長時間の持続となると、それなりの筋肉が必要となります。

姿勢は、腰(股関節、骨盤)、背中(脊椎)、おなか(仙腸関節)のバランスによって支えられていて、
それらは腹筋や背筋といった筋肉に支えられています。

日本女性には、上体を伸ばし腰で吊るような歩き方がまだ上手でない方が多く見られます。
そうすると猫背が目立ちがちになってしまいます。

姿勢が悪いと内臓が下垂し、正常に機能しにくくなり、便秘などの原因となります。
機能不全になると体力が衰え、ひいては肥満を招く、という恐ろしい悪循環をすら引き起こしかねません。

でも、うれしいことに簡単な運動で姿勢は矯正することができます。

注意点
このエクササイズでは呼吸のしかたがとても大切です。
ふだんの胸式呼吸から、腹式呼吸に切り換えましょう。
それには、口で息を吸うのがコツです。
口笛を吹くように唇をやや突き出して、音が出るくらいに吸いましょう。
空気がおなかに入っていくのがわかります。 吐くときも口からです。

【1】
まずは、体全体と気持ちをリラックスさせるためにも、また準備体操としても、大きく深呼吸をしましょう。
あおむけに寝て、両足のひざを折り曲げ両手はおなかの上にのせます。
息を吸い、最初におなか、次に肺の順に空気を入れます。
次第に肋骨も開きます。
十分吸ったらゆっくり胸の筋肉をすぼめ、次におなかの順で息を吐きます。
10回繰り返しましょう。

【2】
【1】の姿勢から、まず左足を、足首を曲げたまま胸元までもっていきます。
頭を床から持ち上げ、左足と両腕を伸ばし、腹筋をできるだけ縮めます。
このとき、左足首は曲げたままです。
約4秒静止した後、【1】の姿勢に戻ります。 両足交互に6回ずつ繰り返しましょう。
この運動は、股関節のずれや骨盤のゆがみの矯正に、効果があります。

【3】
背筋を伸ばして床に座り、足首を曲げたまま両足をまっすぐ伸ばします。
息を吸いながら両腕を上に向かってできるだけストレッチさせます。
このとき、肩ごと上げないように注意しましょう。
また、両手は合わせます。
次に、息を吐きながら腹筋を縮め、上体をそのまま前に倒して10秒静止します。
背面を意識的に伸ばしましょう。
3回繰り返します。

【4】
これは背中を柔軟にするエクササイズです。
両足首を曲げたまま、ひざを伸ばして座ります。
頭の後ろで両手を組み、肘をできるだけ開きます。
次にあごを、胸につけるような気持ちで、背中全体を丸めます。
息を吸いながら、もとの肘を張った姿勢に戻ります。
このエクササイズは、回数を多めにやる方が効果が大きいです。
できれば、20回ぐらい、繰り返しましょう。

【5】
あおむけに寝、両足首を曲げたまま持ち上げ、胸元で折り曲げます。
息を吐きながら、頭と両腕、両脚を持ち上げます。
このとき、両足は床から45度の角度に保ち、また、両腕と両足はできるだけストレッチさせます。
呼吸法は5秒かけて息を吸い、5秒かけて息を吐き、少し息を吸ったのち、 息を吐きながら元の姿勢に戻ります。
これを4回繰り返しましょう。